@pen articles

エッセー「国境の島・対馬で日韓関係を思う」

エッセー「国境の島・対馬で日韓関係を思う」

◆ 玄界灘を越えて対馬へ 初冬の玄界灘は大しけだった。フェリーは大きく揺れ続け、やっとの思いで対馬に着く。冷たい雨が降り続き、厳原の街は人も疎らだった。日韓の関係悪化とコロナ禍が重なり、押し寄せていた韓国人観光客は途絶え

シリーズ コロナ後5年の世界 最終回 スマート農業で「瑞穂の国」の復活を 

 岸田文雄首相は、デジタル田園都市国家構想をぶち上げ、具体的には海底ケーブルで日本を周回する「デジタル田園都市スーパーハイウェイ」を3年程度で完成させ、地方にいながら都市に、世界につながる生活ができるようにするとうたう。

3ヶ月後に迫った韓国大統領選挙~弁護士と検事出身の対決~

1)大統領選挙の構図韓国の大統領選挙が3か月後に迫ってきた。最大野党「国民の力」は、11月5日、前検事総長、ユン・ソギョル氏を公認候補として選出した。与党「共に民主党」は、すでに10月10日、キョンギ道の前知事、イ・ジェ

シリーズ コロナ後5年の世界 アメリカのインフレは、今後世界のトレンドとなるか

アメリカのインフレは今後世界のトレンドとなるか?  アメリカの足元の消費者物価指数が10月も31年ぶりという5%の伸びを記録し、これがイギリス、EUにも波及していることからコロナ禍後に世界にインフレが定着するかどうかが議

Top