先月の記事 articles

「復興」課題、未来へ―大川地区の10年から

「復興」課題、未来へ―大川地区の10年から

 東日本大震災から間もなく10年になる。三陸沿岸には新しい住宅団地が建設され、「震災の記憶」を伝える震災遺構も各市町村に建設されている。復興には32兆円もの国費がつぎ込まれた。津波被害を受けた土地は居住できない「災害危険

シリーズ「5年後、コロナ後の世界」Ⅲ 中国は“コロナ格差”を解決できるか?

 コロナ禍があぶりだしたことは世界中で格差が拡大していることだ。当然、ジニ係数(2018年)でみてトップの南アの0・62に次ぐレベルの0・468の中国も例外ではない。  習近平総書記は8年前には年収4000元(約6万40

Top