経済 articles

2025大阪国際万博はカジノとセット

2025大阪国際万博はカジノとセット

 EXPO70(大阪万国博覧会)の年、筆者は新聞社の地方支局記者だった。県政担当として「県の日」取材のため、10日余り会場近くの宿舎に泊まり込みで会場内を駆けずり回った。異様な姿(と思った)「太陽の塔」を見上げながら、会

インバウンドで甦る関西経済

 「大阪の景気はどうです?」と聞かれたら、ためらいなく「長いこと、低迷しています」と答えてきた。ところが、シンクタンク、アジア太平洋研究所(APIR、大阪市)が先月(12月)中旬開いた景気討論会に出て耳を疑った。パネリス

大阪万博の誘致、カジノ計画と同時進行

東京五輪・パラリンピック開催の5年後の2025年、大阪で再び国際博覧会(万博)が開かれるかも知れない。大阪府の誘致に呼応して政府は積極的に支援する方針で、3月に開催概要も公表された。これから本格的な誘致活動が始まるが、大

大阪企業家ミュージアムの15年

「道修町」と書いた紙をかざしたスタッフが「何と読みますか?」。子どもたちに問いかける。「どうしゅうまち」といった答えに混じって、一人の男子生徒が「どしょうまち」と大きな声。スタッフは「正解です」と驚いて見せ、「大阪の道修

<ジャーナリストをめざす若い人へ> 取材競争とは何のため? ~パナマ文書をめぐって~

 先月(6月)9日、東京・港区内幸町の日本記者クラブでいつもは取材する側の2人の記者が多くのマスコミ関係者から質問を受けていた。会見したのは朝日新聞社特別報道部の奥山俊広、共同通信社特別報道室の澤康見の両氏。テーマは「パ

Top